合成界面活性剤とシャンプーについて

 合成界面活性剤とは、水と油を混ぜるときに使うもので、これを使うと低価格でシャンプーを作ることができます。なので大手の市販シャンプーを売っている会社はこぞって使っています。

 

 たしかに、合成界面活性剤を使うと「泡立ちが良い」「洗浄力が高い」というメリットがありますが実は、これらは洗浄力や刺激が強いので、肌の弱い方や、頭皮が弱っている方にはあまりおすすめできません。洗浄力が強いと頭皮の乾燥を招き、外からの刺激に弱くなります。これがフケやかゆみの原因になるのです。また、合成界面活性剤にはタンパク質を変性させる作用があります。そのため十分に洗い流したつもりでも皮膚の表面に合成界面活性剤がわずかでも残ります。これが肌を刺激し、何回も繰り返すうちにタンパク質変性が起こり、手荒れ、かゆみ、肌荒れ、湿疹などを引き起こします。

 

 頭皮ケアで一番大事なのは、汚れはしっかり落としつつ、髪や頭皮の潤いは残すということです。合成界面活性剤には、皮脂を根こそぎ取り去る刺激の強いものもあります。ラウリル硫酸系/ラウレス硫酸系とかが成分表示に書いてあるシャンプーは止めたほうが無難です。また、合成界面活性剤は皮膚から体の内側に浸透しやすく、生まれたばかりの赤ちゃんからシャンプーの匂いがしたという恐ろしい話さえあります。

 

 シャンプーには、合成界面活性剤やシリコンを使わない無添加のシャンプーをおすすめします。